産後初めてのお盆で味わった「いつもはいない夫が家にいる長期休暇」の苦痛 

今年のお盆は最大9連休と、最大10連休だった5月のGWに続く大型連休となりました。9月にはシルバーウィークも控えており、ここ最近は、これまでお盆や年末年始だけだった長期休暇が1年のうちに何度もきているような印象です。

本来ならば仕事を休めて嬉しいはずですが、昨年子どもを産んだ筆者にとっては今年のお盆はまったく嬉しいものではなくなりました。それは、普段仕事が忙しくて家には寝に帰るだけの夫がずっと家にいる状態を産後初めて経験したからです。

続きを読む

激務の夫が珍しく6連休! てっきり家事育児を手伝ってくれるかと思いきや…

筆者の夫は仕事柄、朝早くに家を出て夜は深夜に帰宅します。土日にも社内行事や接待、トラブル処理などなんらかの仕事関係の用事が入ることも。基本的には平日は家に寝に帰るだけで、土日には仕事がなければずっと寝ていることが多いという状態です。

結婚する前から夫の忙しさは十分に理解していたので、産後、仕事復帰した筆者が保育園の送迎も含めてワンオペ育児になることは覚悟していました。年末年始やGWもなかなか暦通りには休めない仕事。夫がせめて土日には休息を十分に取りたいと思うのも、ごく自然なことだという認識を持っています。

そんな中、今年のお盆は「ゆっくり過ごしたい」と、なんとか調整して6連休にしてくれた夫。珍しく家庭を顧みてくれるような行動に嬉しさを感じるとともに、筆者は「保育園に預けているとは言っても共働きの中、普段は私が家事育児を一人で担っている状態。お盆の間、少しは手伝ってくれるのだろう」と信じ切っていました。

お盆の間ずっと寝てる気!? 家事育児を手伝わない夫にイライラ

ところがいざお盆期間に突入してみると、筆者が抱いていた予想は大きく外れ、夫は普段の土日と変わらない過ごし方をしていました。

昼頃に起きてきて朝食も兼ねた昼食を食べ、シャワーを浴びたら昼寝をして夕方過ぎに起きだし、テレビをぼんやり見たりタバコを吸ったりした後に夕食を食べ、お腹いっぱいになったら早々に寝室へ。そう、食事やお風呂以外は「疲れた」といってほとんど寝ているのです! 

最初の2日間は、いつもの土日と同じだと我慢ができた筆者。しかし、さすがに3日目も同じ状況が続くと「いつまでダラダラしているつもり?」と、ふつふつと怒りの念がこみ上げてきました。その間、筆者はいつもの休日と同じように炊事や掃除、洗濯、買い物、子どものご飯や散歩、お風呂、夜泣き対応などを一人でこなしています。

そして夕方に寝室へ行った際、寝転んでスマホで釣り動画を見ている夫の様子を目にした時には、怒りを通り越して悲しみを覚えてしまいました。しっかり睡眠を取って休息しているならまだしも、ただダラダラとだらしない過ごし方をしていたからです。

何日間も独身気分を謳歌しているかのような夫を見て、普段家にほとんどいない夫が長期休暇で常に家にいることが逆にストレスになるのを実感。その後、筆者の「お盆の後半は家事育児を手伝ってほしい」という懇願により、4日目にしてようやく動き出した夫でした。

予定を入れていなかったことで夫の中に生まれた都合の良い解釈

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

都内在住のフリーライター。ライトな話題から社会問題まで、アラサー女子目線で書いています。