使い方無限大!100均の「味噌ケース」を使った収納アイデア12選

さまざまな収納グッズが販売されている100均。そんな100均の商品の中で、いろいろな使い方ができると人気なのが「味噌ケース」です。そこで今回は活用方法がたくさんある味噌ケースの特徴と、マネしたい収納アイデアをご紹介します。

活用するために知っておきたい100均味噌ケースの特徴

特徴1.密閉ができる

開封済みの味噌を収納するために作られた味噌ケースは、しっかりと密閉できるフタがついているのが便利なポイント。食品だけでなくさまざまなアイテムを衛生的に収納することができますね。

続きを読む

特徴2.大開口

味噌ケースは味噌をパッケージごと入れられるようにと、入れ口が大きいのも特徴の1つ。大開口なので、細かなアイテムを手で取り出すときも、スプーンなどを使って中身を取り出すときも、快適なんですよ。

特徴3.持ち手つき

味噌ケースの側面には持ち手がついています。そのため冷蔵庫や棚などの高い場所に入れておいても、持ち手をつかんで簡単に取り出すことができるんですよ。

特徴4.スタッキング可能

密閉できるフタがついている味噌ケースは、積み重ねて収納することもできるんですよ。そのため高さのある棚などに入れても、無駄なスペースを作ることなく収納ができます。

特徴5.中身が見えづらい

ほとんどの味噌ケースの本体は、白く中身が見えなくなっています。これは味噌のパッケージの柄などが見えないようにという工夫です。白くて統一感のある見た目のおかげで収納スペースがすっきりと見えますよ。

味噌ケースの活用シーン①キッチン

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

接客業や事務職などを経験後、母の病気をきっかけに実家に戻ったアラフォーシングルです。母の介助と在宅ワークをしながら、保護猫2匹にも振り回される日々。家計の節約術・時短家事・プチプラインテリア・100均DIYなどお金と時間をかけずに楽しく暮らすアイデアを研究中。