神戸製鋼所がストップ安の大暴落! 日経平均株価は大幅続落

【東京株式市場】 2019年8月5日

株式市場の振り返り-“トランプ砲”のダメージが残り、日経平均株価は大幅続落

2019年8月5日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 20,720円(▲366円、▲1.7%) 大幅続落
  • TOPIX 1,505.8(▲27.5、▲1.8%) 大幅続落
  • 東証マザーズ株価指数 871.5(▲21.0、▲2.4%) 大幅続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:196、値下がり銘柄数:1,914、変わらず:39
  • 値上がり業種数:1、値下がり業種数:32
  • 年初来高値更新銘柄数:17、年初来安値更新銘柄数:509

東証1部の出来高は14億7,447万株、売買代金は2兆5,151億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。トランプ砲を受けた週末の米国株が一時大幅安になったこと等により、東京市場でも売りが優勢となりました。ただ、下落局面を拾う動きも見られたため、週初としては相応に盛り上がった商いとなっています。売買代金は5日連続で2兆円を上回りました。

続きを読む

そのような中、日経平均株価はほぼ終日大幅マイナス圏で推移しました。寄り付きから安く推移した後、前場の半ばから下げ幅を拡大し、後場寄りには一時▲573円安となる場面が見られました。その後は徐々に下げ幅を縮小しましたが、結局は大幅続落で引けています。ちなみに、終値は6月18日以来の21,000円割れでした。

なお、TOPIXも同じような値動きで大幅続落となり、取引時間中には一時1,500ポイント割れの場面がありました。値上がり銘柄が196に止まっていることからも、中小型株を含めて幅広く売りが優勢だったと見ていいでしょう。

東証マザーズ株価指数は大幅続落、売買代金は14日ぶりに1,000億円超え

東証マザーズの出来高は6,513万株、売買代金1,161億円となり、いずれも先週末より増加しました。個人投資家の見切り売りが出たと見られ、売買代金は14日ぶりに1,000億円を上回っています。

株価指数も大幅下落となる続落で引け、終値は900ポイントを大きく下回りました。今後の展開は引き続き個人投資家の物色意欲回復次第と言えそうです。

ホンダなど自動車株で連日の安値更新が続出、神戸製鋼所はストップ安の暴落

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。