「孫出費」は年12万円超!負担でも、じいじ・ばあばの「孫愛」強く

子育てをしていると、「ちょっと親に子どもを預かってほしい」「金銭的援助があれば助かる」と思うこともありますよね。「祖父母だって、かわいい孫のためなら喜んで一肌脱いでくれるかも」とこっそり期待している方もいるのではないでしょうか。

ところが、なかには「本音をいうと、ちょっとキツい…」と孫疲れを感じているケースもあるようです。祖父母世代の人たちは、一体どのような疲れを感じているのでしょうか。

金銭的負担による孫疲れ

続きを読む

お金には余裕があるイメージの祖父母世代。しかし、「孫へのお金はいくらでも出せる」というわけでもないようです。

内閣府は、60歳以上の男女3,000人を対象に『平成28年(2016年) 高齢者の経済・生活環境に関する調査結果』を実施しました。その結果、子や孫のための出費が「大きな割合を占める支出」と考えている人の割合は19.8%で、「負担を感じている」と答えた割合は11.2%となっています。

【大きな割合を占める支出】
1位:食費、光熱費・・・75.6%
2位:保健・医療関係の費用・・・45.0%
3位:住居費、住宅の新築・増改築・修繕の費用・・・26.4%
4位:交通費、自転車等関係の費用・・・22.5%
5位:子や孫のための支出・・・19.8%

【負担を感じている支出】
1位:食費、光熱費・・・50.9%
2位:保健・医療関係の費用・・・36.2%
3位:負担を感じているものは特にない・・・22.8%
4位:住居費・・・17.8%
5位:生命保険や損害保険などの保険料・・・17%
6位:交通費、自転車等関係の費用・・・16.4%
7位:子や孫のための支出・・・11.2%

「大きな割合を占める支出」では5位だったものの、「負担を感じている支出」では7位とランクを下げています。孫に関する支出はお祝い金なども多く、「嬉しい」ことへの出費なので「負担」に感じている人は少ないのかもしれません。

それでも大きな出費には変わりありません。

孫への支出は年間12万円超!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。