「子どもを見ながら仕事ができる」は本当?在宅ワークの落とし穴

「小さい子どもを育てているから働けない」「実家が遠く、預け先もない」などの理由で在宅での仕事を探している母親は多いものです。

筆者も上の子が2歳になるまでは在宅ワークをしていました。子どもを見ながら自宅で仕事ができて、理想的な働き方だと考えていました。

ただ、子育てや家事、在宅ワークとの両立が難しいと感じる面もあり、今のライフスタイルを継続した方がいいのかどうか悩んだこともありました。

ここでは、そんな筆者の経験をもとに小さい子どもを育てながら在宅ワークは本当にできるのか、リアルな在宅ワーク事情をご紹介します。

続きを読む

子どもが起きているときは仕事ができない

主婦の在宅ワークといえば、子どもが1人で遊んでいるそばで母親が黙々と仕事をしている風景を思い浮かべるかもしれません。

しかし、実際にはどうでしょう。子どもが起きているときは泣き出したり一緒に遊んだりしているために、ほとんど仕事ができません。仕事をしていても「おやつ食べたい」「ジュース飲みたい」など、頻繁に声をかけられるので仕事に集中できないのです。

子どもの月齢・年齢にもよりますが、1歳になる前くらいの赤ちゃんなら1人で遊ばせられて、その間に仕事に集中できることもあります。しかし、1歳を過ぎて、言葉は話せなくても自分の意思表示ができるようになると一緒に遊んでほしくて母親のそばに寄ってきます。

そのため、仕事に集中できるのは
・子どもの昼寝時間
・子どもがテレビを見ている時間
・夜の寝かしつけが終わった後
・父親の仕事が休みの日に子どもを見てもらっている時間

だいたいこれくらいの時間に限られてきます。

ただ、昼寝の時間もその日によって異なりますし、テレビの見過ぎには注意が必要なので日中の作業時間は数10分程度が限界でしょう。つまり、子どもを寝かしつけた夜からが仕事の本番となります。

少しでも在宅ワークをする時間を確保するために、子どもが起きている時間に家事を一通り済ませるなど、工夫が必要になるのです。

自分の時間が持てず、気が休まらない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

明治大学法学部卒業後、通信関連会社、広告代理店等を経てフリーランスのwebライターに転身。ダイエット、恋愛、旅行、インテリア、就活など、さまざまなジャンルの記事を執筆。2人目の出産を機に妊娠・出産・子育て・マネー系などのママ向けの記事を多く手掛けるようになる。