お金を吸い取る悪いヤツの特徴。元金融社員が見た共通点とは?

こんな手口には引っかからないで!

世の中には、「悪い人間」が一定数存在します。そして、そのせいで人生を棒に振ってしまう人がいるのも事実です。

そこで今回は、筆者がある地方都市の金融会社に勤務していたときに見聞きしたリアルなドロドロ地獄物語を元に、かかわるべきではない悪いヤツらに見られる共通点をピックアップしたいと思います。後悔のない人生を生きるための一つの知識として活用していただければ幸いです。

「本籍地は東京」と吹聴する

笑い話のような話ですが、東京に憧れる地方の若い層には、東京出身や東京在住と見せかけるのは効果抜群のようです。ただ、最近では本籍地や住所を書く機会が減ったため、わざわざ東京に出かけて架空の華やかな東京暮らしをSNSでアップしたものを見せたり、口頭で自慢話をしたりするケースもあるようです。

続きを読む

本籍地は自分が住んだことがない場所にでも置くことができます。「昔は東京で…」「最近まで東京で…」と言ったあとに自慢話が始まったときには、「もしかしたら?」と疑ってみましょう。

「お金を貸して」が止まらない

1万円を貸すと、1万円を返してくれるだけでなく高級なご飯をご馳走してくれたり、「これ、利息」と1万円以上を返してくれたりするのに、「お金を貸して」が止まらない人は要注意です。

お金を貸しても返済してくれるため、安心感からズルズルと大きな金額を貸してしまうケースが多く、いつの間にか返済が滞るようになります。そして気づいたときには、相手が行方をくらませているといったパターンも多いので、頻繁に「お金を貸して」という人とはお付き合いをしないようにしましょう。

また、しょっちゅう小銭をせびって徐々にお金を詐取していくタイプもいます。姿をくらます勇気も技術もツテもないケースが多く、賭け事が大好きでやめられない人に見られる傾向です。ただ、このタイプも、だんだんと要求金額が増えて、相手の貯蓄を食い潰すなど人生に害を及ぼす確率が高いようです。

「お金がかかって大変」を繰り返す

お金を貸してとは言わないものの、次のような言い方でお金がかかって大変だという話を執拗にする人にも、注意が必要です。

  • 「親(兄弟)が手術するのでお金がかかる」
  • 「会社の経営状況が苦しい」
  • 「友達の保証人になっていたら、その友達が行方不明になった」

これは、「どうにかしてあげたい」という気持ちになるよう、遠回しに「お金を貸して」と伝える手の込んだ手段である確率が高いと言えます。この場合、向こうから「お金を貸して」と頼まれたわけではないため、騙されたと気づいても警察や弁護士に相談できず、「お金を貸した自分も悪い」と借金を抱え込んで破滅するケースも少なくありません。

籍を入れて結婚をしている場合は話が別ですが、お付き合いをしている相手や友人からこのような話が出ても、お金を貸すことは控えておくのが無難です。

「あなただけ(お前だけ)が頼り」と言う

常に「あなただけ(お前だけ)が頼り」だと言われれば、やはり嬉しいと感じる人が多いのではないでしょうか? そういった人間の心理につけ込み、時期を見計らって、お金のトラブルについて話し出すケースも要注意です。

このパターンに弱いのは「自分のことを頼ってくれているんだから、どうにかしてあげたい」と考える、姉御肌・兄貴肌の人。もし自分がそのタイプだと思う場合は注意しましょう。

身寄りがない・家族に頼れない孤独なフリ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

3人の子ども(21歳・17歳・8歳)のシングルママ。
現在は、主にライター業務を中心に、接客改善業務にも携わりつつ日本全国を徘徊中。
接客改善業務の経験や金融会社での勤務経験、過去の波乱万丈な経験なども交えつつ、読者の暮らしに役立つリアルな情報提供を心がけている。
コミュニケーションに関する記事のほか、レジャーや旅、暮らしや妊活、ママ向け記事やインタビュー、経営者向けの記事、食の資格を生かした記事など幅広く執筆中。