見た目で判断できない「お金持ち」と「小金持ち」の違いとは

「羽振りがいいから」「ブランドものを身につけているから」といって、その人がお金持ちであるとは限りません。見た目だけでは、「小金持ち」か「お金持ち」かまでは判断できないものなのです。

むしろ、本当のお金持ちはお金をしっかりと管理し、自分の考えに沿った生活をしています。そこで今回は、彼らの考え方やお金の貯め方をご紹介しましょう。

お金持ちこそお金を大切にする

余裕があるからといってお金をバンバン使う人は、あくまでも「小金持ち」。本当のお金持ちは、無駄遣いをせずお金を大切にしています。

続きを読む

ポイントは、「必要なものかを判断する力がある」という点。経済的には買えるものでも、「長期にわたって使用できるか」「価値が継続するか」といった基準で考えているのです。

さらに、お金を使うことだけでなく「貯める」ことにも重点を置いています。貯金がいかに重要であるかを理解しているので、嫌々ではなく積極的に取り組んでいるところも見逃せません。モチベーションを保ちながら、前向きに貯金している様子がうかがえますね。

争いごとは避ける

お金持ちは、ケンカに対して「時間の無駄」「品格を失う行為」と考えています。また、小さい頃から「その瞬間の気分で周囲に迷惑をかけてはいけない」と教育されているケースもあるでしょう。

だからこそ、お金持ちは争いごとを好みません。誰かと揉めそうになっても、うまくかわすスキルを身につけているのです。

ブランドを強調しない

お金持ちには、「ブランドをアピールしない」という特徴もあります。いかに周囲に自慢できるかではなく、「長持ちするものか」「質のいいものか」という基準でものを選んでいるのです。わざわざ目立つブランドのロゴを見せつけて、自分の経済力を自慢しようという考えはもっていないのでしょう。

どうすればお金が貯まるの?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。