【麻羽たんぽぽの月間占い】6月の金運・仕事運

夏至、太陽のエネルギーを多く受け取って運気を上げよう

Yuganov Konstantin/ShutterStock

6月、2019年は22日に夏至を迎えます。夏至は二十四節気の一つで立春から数えて10番目の節気。北半球では一年でもっとも昼間が長いのですが、日本では梅雨のため感じにくいかもしれません。占いでは太陽のエネルギーを多く受け取れる時期と言われ、1年の中でも夏至から秋分まで、物事が成就しやすい季節と考えられています。

5/22~6/21まで太陽は双子座、スピーディーな展開とともに、バリエーションを求められる雰囲気が。6/5には「伝達・記憶・実務」を表す水星が蟹座に入るため、メッセージは情緒や共感へアプローチするものが、相手の記憶に残りやすいでしょう。

続きを読む

6/22から太陽は蟹座へ。大衆や共感を意識した展開には、「いつもの」日常にある安心感・なじみがキーワードになりそう。

そんな6月、どのようにすれば金運・仕事運を味方に付けられるのか12星座別にご紹介しましょう。

6月の金運・仕事運(12星座)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
麻羽たんぽぽ

和ハーブと森の占い師/(株)森と紙ひこうき代表取締役/(一社)はこねのもりコンソーシアムジャパン理事

Webサービス系の企業で10年間、Webサービス企画に携わったのち、占いを学び、占い館等に出演。さらに西洋占星術の関連からハーブに興味を持ち、ハーブを学ぶ。「生活を楽しみ、こころ豊かに暮らすこと」をテーマに、3つの癒し「占い・ハーブ・森林」を研究し実践している。
和ハーブコーディネーター、占い師(西洋占星術、タロット)、ハーバルセラピスト、森林セラピスト、産業カウンセラー。
著書:和ハーブタロット