「やってはいけない節約」あなたは大丈夫?節約法の正解と不正解

少しでもお金を貯めるために、日々節約に取り組んでいる方も多いのではないでしょうか。ところが、なかには「節約をしたことで失敗した…」と後悔するケースもあるようです。あなたの節約方法は、本当に間違っていませんか?

「やってはいけない節約」ってなに?

節約方法にも、正解と不正解が存在します。やってはいけない節約を続けていると、思わぬ落とし穴に引っかかってしまうことも。たとえ節約のためでも避けておきたいのは、「人間関係に影響する節約」と「自分磨きに関する節約」です。

続きを読む

出費を抑えているときは、人への贈りものやお祝いにお金を出すことに抵抗を感じる場面もあるでしょう。だからといって、安いプレゼントを渡したり、ご祝儀の額を抑えたりしてはいけません。

値段を抑えたものを受け取った相手は、あなたの品格が低いと感じとってしまうでしょう。そのようなことを防ぐためにも、人付き合いに関係する節約はやめておいたほうが安心です。

また、自分のスキルや知識を高めることは、あなたの将来の可能性を広げてくれます。反対に、夢中になっていた習いごとを退会する、勉強に必要な出費を抑えるといった行動は、せっかくの伸びしろを削ってしまうことに。自分磨きに必要なお金をすべて抑えるのではなく、「1つの習いごとに絞る」「勉強代は1カ月にいくらまで」などと決めておくといいでしょう。

主婦が知っておきたい手軽な節約法

家計を任されている主婦にとって、節約は常に意識しておきたい存在です。そこで、主婦の方にぜひ取り組んでほしい簡単な節約方法をご紹介しましょう。

外食の上限を決める

つい膨らみがちな外食費は、1カ月あたりの上限金額を設定するようにしましょう。「1カ月に2万円まで」と決めた場合、その範囲内なら何度外食してもかまいません。ちょっと豪華なお店で2万円を1回で使い切ってもいいし、4千円の外食を5回に分けるのもいいでしょう。「外食は一切しない」と決めてしまうと、ストレスが募って長続きしにくくなってしまいます。

シンプルで長く着られる服を選ぶ

サイズアウトするペースが早い子どもの服に比べ、大人の服は長く着用できます。それなのに、一時的な流行のファッションやワンシーズンしか着られない質の服を選んでしまうと、せっかく買った服も限られた期間しか使用できません。

そのため「安かったから」「流行っているから」だけで判断するのではなく、「長く着られる質か」「これからもずっと着られるデザインか」という基準で服を選ぶといいでしょう。

節約からの貯蓄の3ステップ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。