なぜ宝くじを買ってしまうのか…お金持ちになるための現実とは

「どうせ当たらない」と思いつつ、つい「当たったらなにを買おうかな」と夢を見させてくれる宝くじ。なぜ「もしかしたら」と購入してしまうのでしょうか。

人が宝くじを買う心理とは

今日(2019年4月26日)が発売終了日のドリームジャンボ宝くじ(第787回全国自治宝くじ)の1等当選金は3億円。前後賞を合わせると5億円。当たれば「億り人」ですね。

しかし、そもそも宝くじの当せん金については当せん金付証票法(第5条)で「その発売総額の五割に相当する額をこえてはならない」とされています。つまり払戻率は半分以下。それでも宝くじを買ってしまうのは、どのような心理が働いているのでしょうか。

続きを読む

それには、行動経済学で「確率加重関数」と呼ばれるものが関わっています。それは、「人間はとても小さな確率だと、現実よりも大きく感じるようにできている」というもの。

事故が起こる確率は低いのに飛行機に乗るとドキドキする。現役の大黒柱が突然亡くなったら…と不安に感じて生命保険に加入しておこうと思う。このような心理には、この「確率加重関数」が関係しているといいます。宝くじも同様に、実際に当選する可能性よりも大きく感じさせているのでしょう。

お金持ちになりたいなら「節約」「副業」「投資」の3ステップで

宝くじで一攫千金を狙うのではなく、コツコツとお金を貯めてお金持ちになるにはステップを踏んでいくのがおすすめです。順番に1つずつご紹介しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。