【貯金初心者向け】貯める3つの基本「支出を抑える」「収入を増やす」「お金を増やす」

いざというときでも、ある程度の備えがあれば安心できますよね。そのためにも、貯蓄額はできるだけ増やしておきたいもの。そこで、誰でもすぐにスタートできる貯蓄額の増やし方をご紹介します!老後や突然の怪我や病気に備えるためなど、いろんな目的にあわせて貯蓄していきましょう。

そもそも貯蓄額とは

まずは「貯蓄」の意味を確認しておきましょう。貯蓄には、以下のようなものが含まれます。

預貯金

銀行などの金融機関に預けているお金のことで、貯蓄のなかでも定番の存在です。ちなみに「預金」は銀行やその他金融機関(信用金庫や信用組合など)に預けているお金、「貯金」はゆうちょ銀行等に預けているお金のことを指します。

続きを読む

これらを合わせて、「預貯金」と呼んでいるのです。さらに、預貯金は「通貨性預貯金」と「定期性預貯金」の2つが存在します。

有価証券

これには、株式や投資信託、債券などが含まれます。「株式」には、営業日に取引所を通じて売買できる「上場株式」と「未上場株式」が存在します。上場株式には未上場株より流動性あり、保有していると配当収入を得たり、株主優待サービスを受けられたりする場合があります。

「債券」には、国が発行する「国債」、地方自治体が発行する「地方債」、事業会社や金融機関が発行する「社債」などがあります。

保険

貯蓄に含まれる保険として、積立型生命保険や損害保険でも火災や傷害保険のうち「満期時に満期払戻金が支払われる積立型のもの」や、農業協同組合の養老生命共済や郵便貯金や簡易生命保険管理機構で取り扱われる簡易生命保険などが挙げられます。

また、満期保険金や解約時の返戻金がある保険(貯蓄型保険)の払込済み金額も、貯蓄の一部と言えます。

貯蓄額を増やす3つの基礎

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。