令和の幕開け!短気な人ほどできるストレスフリーな貯蓄をはじめよう

本日から新時代、令和の幕開け!気持ちを切り替えて新たな気持ちで貯蓄の目標を立ててみませんか?なかでも貯蓄をしようと節約に挑戦したけど、イライラして長続きしなかった…という方にトライしてほしい方法があります。しばらく貯金ができたとしても、欲しいものが買えない、食べたいものが食べられないといった状態が続くと、ストレスがたまる一方ですよね。

そこで今回は、ストレスを感じずにできる節約方法をお伝えします!一度節約を諦めてしまった方も、ぜひリベンジしてみてくださいね。

続きを読む

ストレスフリーでできる!貯蓄のための節約術

節約中にイライラしてしまう原因は、節約のハードルが高すぎると考えられます。そこで、以下のような方法でストレスなく貯蓄を増やしてきましょう。

貯金は先にしておく

「貯蓄するお金を残しておかないと」と意識していると、常に残金を気にしなければなりません。「気をつけていたつもりが、手元のお金を使い切ってしまった」というケースも耳にします。

そこで、給料日になったら、貯蓄用のお金を別の銀行口座に入金してしまいましょう。これなら、財布の中身をすべて使い切ったとしても、貯めておくべきお金はしっかりキープできます。

固定費を抑える

固定費を抑えて毎月の貯金額を多くすると、自然に貯蓄が増えていきます。スマホなどの通信費は、固定費のなかでも着手しやすい項目です。格安スマホに乗り換えてみる、契約プランを見直してみるなど、節約の余地はないか検討してみましょう。

また、金額の大きい家賃を安く抑えるのもおすすめです。相場が安いエリアを探せば、部屋の広さは変えずに家賃を抑えられる可能性もあります。交通費が支給される職場なら、通勤距離が長くなっても支出が増えることはないでしょう。

趣味や娯楽代は賢く抑える

趣味や娯楽に関する支出を削り過ぎると、ストレス発散の場がなくなってしまいます。極端に節約するのではなく、「気が進まないイベントは断る」「民間より安い自治体のスポーツジムに通う」などの工夫をしてみましょう。

株初心者必見、貯蓄のための株式市場の活用法も

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。