大富豪に恋をする剛力彩芽、その将来とは?

2018年4月、女性セブンでZOZOTOWNの前澤社長と女優の剛力彩芽さんの交際が報じられました。その後はさまざまな情報が飛び交い、その度に世間を賑わせましたね。

世間からは、賛否両論の意見が。そのなかには、「前澤社長を選ぶ気持ちは分かる」「彼女の行動は理解できる」といったような、剛力彩芽さんを応援する女性の意見もありました。その女性たちは、一体どのような気持ちで2人を応援しているのでしょうか。

剛力彩芽さんに共感する理由、そして今後は?

続きを読む

初めての恋愛は、今までにない体験の連続。きっと多くの人が舞い上がってしまうことでしょう。

一部の報道では、剛力彩芽さんは所属事務所から「25歳まで恋愛を禁止」と告げられていたそうです。そして、25歳で初めてできた彼氏が前澤社長だったのではとも言われています。このことを踏まえると、「初めての彼氏に浮かれる気持ちも分かる」と思う女性がいるのも頷けます。

この先2人が結婚まで突き進むのか、はたまた残念な結果に終わるのかは、誰にも予想できません。でも、この恋愛は剛力彩芽さんの人生において大きな経験になっているはず。たとえ破局に終わってしまっても、彼女はより一層成長するでしょう。

前澤社長との恋愛で、なかなか味わえない贅沢をしている剛力彩芽さん。「大富豪と付き合った女の子」の代表として、これからもますます注目されそうです。

結婚は20代のうちがいいの?

「結婚は20代のうちにしたい」という女性も少なくありません。実際のところ、20代での結婚は幸せになれると言えるのでしょうか。

そこで、結婚とあわせて考えておきたい、妊娠や出産について見てみましょう。今の日本では、「20代で結婚し、すぐに子供を産む」というのは簡単なことではありません。

仮に大学卒業後、新卒で就職した25歳が妊娠を希望しても、その頃は社会人3年目。現状では、必ずしもスムーズに産休や育休を取得できるとは言い切れません。もし結婚や妊娠を機に退職しても、育児が落ち着いてから正社員になるにはハードルがあります。

妊娠率や体力面を踏まえると、早い出産は有利になるでしょう。ただし、子育てとキャリアを考えると、社会的ポジションを得た30代以降の方が、選択の幅は広がると言えそうです。

お金に困らない結婚相手の特徴は

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。