子供のお小遣はいくらかかる?小学校〜高校までの平均月額

子どもが大学を卒業するまでの養育費は、総額にするといくらになるかご存知でしょうか。大学に進学する人が増えている現在、養育費はどんどん膨らむことも考えられます。

そして忘れてはならないのが、子どもに与えるお小遣いの存在。小学生ならわずかな金額でも、成長するにつれて金額も上昇していくため、養育費としてしっかり計算に入れておく必要があります。

そこで今回は、子どもが社会人になるまでの学費やお小遣い費を、まとめてチェックしておきましょう。

続きを読む
  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

幼稚園~高校までの教育費

文部科学省による「平成28年度子供の学習費調査」によると、幼稚園から高校までの年額の教育費は以下の通りです。

【公立】
幼稚園:23万3947円
小学校:32万2310円
中学校:47万8554円
高等学校(全日制):45万862円

【私立】
幼稚園:48万2392円
小学校:152万8237円
中学校:132万6933円
高等学校(全日制):104万168円

ではここで、すべて公立を選択した場合の総額を計算してみましょう。

幼稚園の学習費×2年=46万7894円
小学校の学習費×6年=193万3860円
中学校の学習費×3年=143万5662円
高校の学習費×3年=135万2586円

すべてを合計すると、約520万円となります。これは最も安いケースのため、これよりも高額になる可能性も踏まえておきましょう。

大学の学費もチェック

日本政策金融公庫による「平成29年度『教育費負担の実態調査結果』」では、大学に関する教育費は以下の通りです。

【大学入学関連費用】
私立短大:58.7万円
国公立大学:69.2万円
私立大学文系:92.9万円
私立大学理系:87.0万円

【大学在学費用】
私立短大:162.8万円
国公立大学:108.5万円
私立大学文系:161.3万円
私立大学理系:180.2万円

仮に国公立大学に4年間通ったとすると、69.2万円+108.5万円×4年=503.2万円と、約500万円の費用が発生します。

先述した幼稚園から高校までの費用と合算すると、幼稚園から大学まですべて国公立の場合で1000万円以上が必要になります。私立に進学する、子どもが2人以上いるといった場合は、さらに金額が高まるので注意してください。

お小遣いの平均額は?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。