「慶應大の経済学部より商学部の方が就職は良い」は本当か

Frederic Muller/Shutterstock.com

慶應義塾大学・経済学部は「看板学部」といわれ、学内外でも評価の高い学部です。その経済学部と商学部とでは就職状況はどう違うのでしょうか。同大学より公表されたデータをもとにみていきます。

なぜ経済学部が看板学部なのか

慶應義塾大学・経済学部はいわゆる「看板学部」ともいわれ、総合大学である慶應義塾大学の文系学部を代表する学部ともいえます。その理由としてあげられるのは、経済学部の歴史にあるといえます。

経済学部は「理財科」を前身とし、福澤諭吉が存命中に作られた3学部の1つにあたります。1890年に理財科、文学科、法律科の3学科を大学部とし、慶應義塾に設置されています。

続きを読む

一方、商学部の歴史は経済学部ほど古くはなく、1957年に開設されており、学部としては60年ほどの歴史となっています。

もっとも、商学部は突如できた学部ではありません。

1920年に理財科を経済学部に改称し、経済学系統と商学系統の科目群の分類がされました。1938年に経済学科と商学科が併設され、先ほど見たように1957年に「商学系統の学問の成熟を待って」(商学部)独立した学部です。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

就職状況はどうなっているのか

ここまで見てきたように経済学部は歴史も長く、長らく看板学部として位置づけられてきました。

経済学部に対して次のような意見もあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。