使いすぎもケチりすぎもNG! お金と上手に付き合う4つのコツ

お金は生きていくために必要不可欠なものです。使いすぎてしまって赤字になるのはよくありませんが、節約しすぎて生活がギスギスしてしてしまうのも楽しくありませんよね。では、大切なお金とどのように付き合っていけば良いのでしょうか?

お金を使う金額や回数を管理する

家計簿をつけてお金を管理するのは正直大変ですよね。ただ、ついつい使いすぎて赤字にならないためにも、使う金額や回数はルール化することが大切です。たとえば、毎週食費と交際費の合計が1万円以内になるようにする、被服費は月に1万円まで、買い物は週に2回までなど、自分ができる範囲でマイルールを作り、それ以上は使わないようにしましょう。

続きを読む

そうすることで必要以上にお金を使うことを防げますし、お金を使う都度、本当にここで使ってしまって大丈夫かと、考えるようになるでしょう。慣れないうちは大変かもしれませんが、このような使い方をすることで、お金を大切に使う習慣が自然に身につきます。

クレジットカードの管理が苦手ならデビットカードや電子マネーを使おう

現金で購入するのは渋るものでも、なぜかクレジットカードなら購入できてしまうという人もいるのではないでしょうか。現金が減ると焦りますが、クレジットカードなら支払いの先延ばしができるので、次の給料やボーナスでなんとかなると思いがちです。

ただし、クレジットカードは借金であることを忘れてはいけません。資金繰りに苦しくなり、延滞が続くことになればブラックリストに載ることも…。クレジットカードは上手く使えばポイント還元でお得に買い物ができるという利点もあるので、しっかり管理できているという人は問題ありませんが、毎月クレジットカードの引き落としの後はカツカツになってしまうという人は一度使用するのをストップしてみてはどうでしょうか。

しかし、いつも現金を用意しておくのは大変ですよね。そんな時には利用した瞬間に銀行の口座から引き落とされる「デビッドカード」や、現金をチャージしてその分しか利用できない「電子マネー」を活用しましょう。デビッドカードはインターネットバンキングなどで利用分をこまめに確認し、電子マネーも月に入金するお金を決め、自ら限度額を設定することで使いすぎが防止できます。

意味のある自己投資をする

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。