【2019年の仕事運】12星座別!仕事がうまくいくタイミングとは

2019年こそ、仕事運を味方につけたい!

Beer5020/ShutterStock

運の流れを知れば、願望成就もしやすくなります。自分が本当にやりたいことは何か?上手くいくタイミングや、やり方はどうすればいいのか?社会全体の流れのなかで12星座別に現象と方法が異なってきます。

まず、社会全体の大きな流れを見てみましょう。「拡大・目標」の星である木星は、2018年11月に「徹底・忍耐」の蠍座から「挑戦・精神性」の射手座に移動しました。2019年12月には「現実・野心」の山羊座へ移動します。2019年は多くの人にとって、考え温めていたことや準備してきたことを、実行するチャンスがやってくるでしょう。そして、今年どれだけの試行錯誤ができたかが、2020年以降の現実を左右するかもしれません。

続きを読む

同時に、「取捨選択・責任・長期計画」などを表す土星は、2017年12月から2020年までほぼ山羊座。昨年に引き続き、きちんとした計画と責任が強く求められるでしょう。2019年は木星の影響でたくさんの仕事やお話が舞い込む一方、土星の影響もあり、確実なものを選ぶ姿勢も必要です。

また、2019年3月には「改革・自立・先端技術」などを表す天王星が、「物質的豊かさ・価値」の牡牛座へ本格的に入り、2025年7月までそこに滞在します。7年間にはテクノロジーなどにより、物の価値観が急激に変わる可能性もあるでしょう。個人にも価値観が変わるような出来事が。いずれも改革は苦労が伴いますが、新しい時代の自由を得るチャンスとなります。節目となる2019年は、変化を見逃さない、変化についていく、自らが改革を進めるといったことを意識する年となるかもしれません。

では、星の動きを元に、12 星座別の仕事運をご紹介しましょう。

2019年前半の 12星座の仕事運

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
麻羽たんぽぽ

和ハーブと森の占い師/(株)森と紙ひこうき代表取締役/(一社)はこねのもりコンソーシアムジャパン理事

Webサービス系の企業で10年間、Webサービス企画に携わったのち、占いを学び、占い館等に出演。さらに西洋占星術の関連からハーブに興味を持ち、ハーブを学ぶ。「生活を楽しみ、こころ豊かに暮らすこと」をテーマに、3つの癒し「占い・ハーブ・森林」を研究し実践している。
和ハーブコーディネーター、占い師(西洋占星術、タロット)、ハーバルセラピスト、森林セラピスト、産業カウンセラー。
著書:和ハーブタロット