お金が貯まる人がやっている毎日のルーティンとは?

「心配事がないから、明るく楽しく過ごせそうだ」とか「明日はあの仕事の大事な決戦の日だが、きっとあの仕事はうまくいっているだろう」というように、ポジティブなイメージを思い浮かべると言います。

また、次の日のことをイメージして眠りにつくだけでなく、さらにその先の自分の理想像もイメージすると言っていました。そして、明日の自分がその理想像にどう近づいているかをできるだけ具体的にイメージするのだと言います。

そうしていると、遠く感じていた理想像がちょっとずつ「実現可能な理想像」という感覚になってくるのだとか。その感覚を感じるまでには少し時間がかかるようなので、根気強く続けてみてくださいね。

毎晩財布の整理をする

お金をしっかり貯めている人の多くが口にすることですが、毎日彼らは財布の整理をしているようです。お金持ちの人で、レシートが貯まっていたり、使わなくなったポイントカードでパンパンの財布を持っていたりする人は見たことがありません。お金持ちの方は皆さん、キレイに財布を使っています。

また、特別高い財布を持っているわけではなく、自分がきちんと大事に使える財布を選んで使っている印象です。雑に扱って傷んでいる財布や皮の部分に傷がついているような財布を持っている人もあまり見かけません。財布を大事に使うことは、お金を大事にすることでもあります。

財布に限らず、モノを大事に使うのはお金持ちの人に共通したことだと思います。もし、ガサツなところがあると自分で認識している場合には、この機会に直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。お金に愛され、貯まる人は、やっぱりお金を大事にしている人なんですよね。筆者は仕事柄、様々な富裕層の人、若いのにしっかりお金を貯めている人を見てきましたが、その多くに共通しているのはお金を大事にして、モノを大事にして、周りの人を大事にしているということ。丁寧に毎日を過ごせる人のところにお金が集まってくるのだと実感することが多かったですね。ぜひ今日から、彼らのように色々なものを大切にして過ごしてみてくださいね。

大塚 ちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。