シャープが+4%超高の大幅高! 日経平均株価は反発

【東京株式市場】 2018年4月9日

株式市場の振り返り-日経平均株価は反発、後場に入ってから上げ幅を拡大

2018年4月9日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 21,678円(+110円、+0.5%) 反発
  • TOPIX 1,725.8(+6.5、+0.4%) 反発
  • 東証マザーズ総合指数 1,182.7(+3.9、+0.3%) 反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,117、値下がり銘柄数:873、変わらず:91
  • 値上がり業種数:24、値下がり業種数:9
  • 年初来高値更新銘柄数:100、年初来安値更新銘柄数:106

東証1部の出来高は13億9,023万株、売買代金は2兆2,652億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。先週末のNY市場の大幅下落を受けて模様眺めムードが強まった一方、円高進行一服を受けて主力株を買い戻す動きも見られました。活況な商いには程遠いものの、売買代金は2兆円を上回る水準を維持しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は前場こそ先週末終値を挟んだ攻防となりましたが、後場に入ってから上値を切り上げる値動きとなり、後場の半ばには一時+169円高まで買われる場面が見られました。

最後はやや失速しましたが、3桁の上昇となる反発で引けています。

なお、TOPIXも同じような値動きでした。

東証マザーズ総合指数は反発、出来高は深刻な低水準で今年最低を記録

東証マザーズの出来高は3,445万株、売買代金は761億円となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。売買代金は再び1,000億円を大きく下回り、出来高は今年最低を記録するなど低調な商いだったようです。

特に、出来高は昨年9月11日(3,953万株)以来となる4,000万株割れであり、深刻な薄商いと言っていいでしょう。

なお、総合指数は反発しましたが、個人投資家の物色意欲の回復は鈍いため、力強さが全くありません。新興市場が再び活況となるためにも、有望な物色テーマの登場が待たれます。

花王など内需関連株が買われ、安川電機など設備投資関連株が大幅安

個別銘柄では、テルモ(4543)、花王(4452)、エーザイ(4523)、資生堂(4911)、大塚ホールディングス(4578)など内需関連株や医薬品株が買われ、これらはいずれも年初来高値を更新しました。

また、小売株にも上昇が目立ち、ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)が4日連続で年初来高値更新となり、セブン&アイ・ホールディングス(3382)も久々に高値更新となっています(終値は小幅下落)。

その他では、高安まちまちだったハイテク株の中で、シャープ(6753)が+4%超高の大幅上昇となったのが目を引きました。

一方、設備投資関連を含めた機械株が大きく売られ、安川電機(6506)やTHK(6481)が一時▲4%超安となり、SMC(6273)も一時▲3%超安になるなど冴えない値動きとなりました。また、FA関連株も低調で、ファナック(6954)が下落し、キーエンス(6861)は6日続落で引けています。

その他では、ソフトバンクグループ(9984)が再び年初来安値を更新し、大幅安となった楽天(4755)も安値更新となりました。

新興市場では、新規上場3日目のビープラッツ(4381)が▲18%弱安の暴落となり、SOU(9270)も大幅安となりました。一方、ジェイテックコーポレーション(3446)が大幅高となりましたが、薄商いを反映して、全体的に静かな値動きだったようです。

青山 諭志

ニュースレター

PR

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。