マツダ、新型SUV「CX-8」の予約受注が好調

2017年12月14日、マツダ(7261)は、9月14日の予約開始から12月10日までの新型『マツダ CX-8』の予約受注台数が、月間販売計画台数1,200台の約6倍の7,362台となったと発表した。発売は14日から。

『CX-8』は、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデル。同社によると、洗練されたSUVスタイルと6人乗りと7人乗りの2つの多人数乗車のタイプがあること、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が標準装備されていることなどの特色が評価され、30歳代から40歳代の顧客を中心に、幅広い層に高い評価を得ているということだ。

続きを読む

グレード別の予約受注構成比は、「L Package」(セカンドシート間に専用大型コンソールボックスが備えられている)が43%、「PROACTIVE」(先進の安全装備が充実)が51%となっている。

また、ボディカラーでは、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、彩度や深みを増し、「魂動デザイン」の造形を質感高く際立たせた「ソウルレッドクリスタルメタリック」が13%となっている。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。