毎月いくら預貯金のつみたてが必要なのか

この大学進学費用を、毎月預貯金で積み立てる場合を考えてみましょう。

先ほどの4年間に必要な授業料をいったん「約3800万円」とし、「10年間」と「18年間」それそれを準備期間とした場合、毎月の積立額はどのくらいになるか計算してみます。

10年かけて準備する場合

まずはさきほどの「3800万円」を、120か月(10年)で割ります。

3800万円÷120カ月=約31万7000円

毎月30万円を超える額を貯蓄に回せる世帯は、ごく少数派といえるでしょう。

では、生まれた直後に預貯金をはじめたらどうでしょうか。

18年かけて準備する場合

同じ金額を、今度は216か月(18年)で割ってみます。

3800万円÷216か月=約17万6000円

生まれた直後から積立を始めた場合でも、毎月約17万6000円が必要となることが分かりました。

【関連記事】つみたてNISAやiDeCoなど、つみたて投資ではどんな投資信託がおすすめなのか

大学進学費用を、上手に準備していくためには?

フトコロ事情は世帯ごと異なりますが、毎月「欠かさず」貯蓄を続けることを考えると、決して小さな金額ではないことが分かります。お子さんが2人・3人いらっしゃるご家庭であればなおさらのこと。

大学進学を見据えた教育費の準備は、先手先手で進めていきたいものです。預貯金と資産運用を上手に組み合わせていく視点が求められる時代になったといえそうです。

参考資料

  • 杏林大学「学費/入学検定料」(2022年1月12日閲覧)

LIMO編集部