「買って後悔したかも…」ワークマンシューズ2選

マンダムプログリップシューズ

画像出典:ワークマン公式

価格:1,500円(税込)
サイズ:23.0~24.0cm
カラー:シロ、クロ、カーキ
素材:特殊発泡ポリ塩化ビニル

耐油・耐滑ソール搭載の防水シューズ!高いクッション性や静電加工により、快適に過ごせます。履きごこちの良さは高評価ですが、靴幅が狭く窮屈と感じる人もいるのだとか。普段、幅広の靴を履いている人は、ワンサイズ大きめを選ぶといいそうです。

【口コミ】

  • 「私は甲の高さがあるのか、3時間ぐらい履いていると小指の付け根あたりが圧迫されて痛くなってきます。試着すべきだったと、オンライン購入を少し後悔しました」

フィールドブーツ ガーデン

画像出典:ワークマン公式

価格:1,500円(税込)
サイズ:S~3L
カラー:クロ、ライムイエロー、マスタード
素材:合成ゴム・EVA
長さ:約18cm
重量:約210g(Lサイズ・片足)

なんと1,500円のプチプラで手に入る、フィールドブーツです。汚れても水でサッと洗い落とせるうえに、片足約210gと軽量のため庭仕事に最適です。しかし、フィット感はイマイチ…という声も。思ったよりも丈が短くて履き口も広いため、しっかり脚をホールドしてくれないようです。

【口コミ】

  • 「見た目はおしゃれで、泥汚れも落としやすい!普段22.5cmの私にはSサイズでも少し大きかったです」
  • 「雨の日、全く濡れません。少し大きいので中敷で調整しました。もう少し丈が長いといいかも。ズボンの裾が短いとき、隙間から雨が入ってきます」

ワークマンのシューズ選びで失敗しないために

立ち仕事で肩や腰のコリに悩んでいる人は、「ワーカーズインソール」と合わせて履くのもおすすめです。また、ワークマンで自分好みのシューズを選ぶなら、実際に見てみるのも大切。店舗に立ち寄ったら、ぜひシューズをチェックしてみてくださいね。

参考資料

中川 雅美