「売れている人気カップ麺TOP10」巣ごもり需要で伸びた商品とは

copy URL

昨年から続くコロナ禍の中、自宅での食事やテレワーク環境など、家の中を改めて見直した人も多いことでしょう。しかし、一部の主婦から聞かれるのは「3食のごはんづくりが大変だった」という声。そして現在、即席麺を含む「麺類」の売上も伸びているのだといいます。

ストックはもちろん炊事の負担を軽減するのに便利なのが『カップ麺』ではないでしょうか。今回は、コロナ禍の中売り上げを伸ばす『人気カップ麺ランキング』TOP10を発表します。

ステイホームで麺類の需要が増加

総務省統計局が令和3年3月9日に公表した「家計報告調査-2021年(令和3年)1月分-」によると、コロナ禍の中で消費支出は昨年3~5月にかけて減少、現在も食料費・被服・教養娯楽費などは減少傾向にあります。ステイホームの影響で外食などの機会が減る一方、電気代などは8ヶ月連続で実質増加しています。

そんな暮らしの変化の中で、麺類の需要が伸びているのです。同データで消費支出における品目分類を見てみると、食料費全体では前年比より減少している中、麺類が米・パンを抜いて最も増加していることが分かります。

「麺類は消費期限も長いし、なかなか外に出られないときのストックに便利。子どももよく食べてくれますし」(37歳・Mさん)

「カップ麺は防災用としてストックしています。あとは、料理に疲れてしまった日や夫の夜食としても使えるので、いろいろな種類を揃えていますよ」(46歳・Tさん)

日持ちしてストックにも便利な即席カップ麺。これらもステイホームの影響もあり伸びていると考えられます。3食のごはんを作る主婦にとって、息抜きにも使えるのはありがたいですよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。