「民間企業の退職金はいくらもらえるか」学歴・勤続年数別で比較

Nataba/iStock

会社員のみなさん、自分の退職金がいくらもらえるか把握されていますか?

「まったく分からない」「転職組なので期待していない」という人もいるかもしれませんね。

私は以前生命保険会社でマネーセミナーの講師やマネープランニングのアドバイザーをしており、1000人以上のお客様のお金の相談を受けてきました。

マネープランニングでは想定される退職金額を確認するのですが、退職金額や退職金制度について、はっきりと把握できていない方もいらっしゃいました。

続きを読む

そこで今回は、現在の民間企業の退職金の支給額を見ながら、老後資金準備についても考えていきたいと思います。

民間企業の退職金、いくらもらえるか

日本経済団体連合会が2年ごとに実施している「退職金・年金に関する実態調査結果」(2018年9月度)から、標準者退職金(学校卒業後直ちに入社し、その後標準的に昇進・昇格した者を対象に算出)を確認していきます。

標準者退職金

  • 大学卒(総合職):2255万8000円
  • 高校卒(総合職):2037万7000円
  • 高校卒(生産・現業):1817万2000円

退職金額は、退職金一時金のみ、退職一時金と年金併用、退職年金のみの場合の額を合算して、単純に平均したものになっています。

総合職であれば大学卒・高校卒ともに2000万円を超える結果となっていますね。

学歴や職種により金額に差はあるものの、しっかり定年まで勤めあげれば、まとまった金額を退職金として受け取ることができるといってよさそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。