老後の命綱は「国民年金と厚生年金」だけ?みんな何を準備しているか

MirasWonderland/iStock

「セカンドライフ」と聞いて、みなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。

最近は「老後2000万円問題」の影響もあって、あまりよいイメージを持てないでいる人も多いかもしれません。

私は、大学卒業後からこれまで資産形成のアドバイザーとして、多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当させて頂きました。

今回は、老後生活をしていく上で欠かせない年金ですが、いくらもらえるかについてお話ししたいと思います。

続きを読む

老後の命綱「国民年金」はいくらもらえるか

まずは、国民年金の受給額についてみていきましょう。

国民年金の受給対象者は主にフリーランス・自営業(第一号被保険者)で働かれている方と専業主婦/夫(第三号被保険者)となります。

厚生労働省年金局「令和元年度厚生年金・国民年金事業の概況」によると、現在の国民年金の男女別の受給権者数は以下のとおりです。

男子・・・1434万7670人

〈内訳〉

  • ~1万円未満:1万2693人
  • 1万円~2万円未満:6万803人
  • 2万円~3万円未満:22万1983人
  • 3万円~4万円未満:70万6206人
  • 4万円~5万円未満:134万5582人
  • 5万円~6万円未満:312万4529人
  • 6万円~7万円未満:849万4551人
  • 7万円以上:38万1323人

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。