米国市場大荒れ、日経平均は高値警戒感で28,000円を割込む

【日経平均株価】テクニカル分析 2021年2月1日

米株の投機的な売買が警戒され日本株も売られる展開に

2021年1月29日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より534円03銭安の27,663円39銭となりました。終値ベースで28,000円割れとなるのは、1月7日以来3週間ぶりです。

米株式取引プラットフォームのロビンフッド・マーケッツが28日、急騰していた米ゲーム販売会社、ゲームストップ社の取引を制限すると発表したことから同社の株式は一時急落。しかし29日には制限を緩和すると発表し、同日ゲームストップ社は一転して急騰しています。

続きを読む

こうした激しい値動きを敬遠し、他の銘柄にもリスク回避の動きが広がりました。日本株は高値圏で推移していたことから、リスク回避や利益確定売りも出て連れ安となりました。

今週の動きはどうなるでしょうか。国内外ともに株高傾向が続いています。足元ではこれまでの上昇に乗り遅れた投資家が押し目待ちといった状況でしたが、ここにきてやや高値警戒感が強まっているように感じます。特定の材料に敏感に反応して売りが広がる可能性もあります。

29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、前日比620ドル74セント安の29,982ドル62セントと大幅に下落しました。心理的節目となる3万ドルを割り込んだのは、2020年12月14日以来1カ月半ぶりです。日本株も週初から連れ安となる可能性があります。

国内では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言について、東京都などで期限となっている2月7日からさらに延長されるとの見方が広がっています。延期になる場合、今週末までに発表されることになりますが、取引時間中に発表になると急に値が動くこともあるので注意が必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。