年収600万円世帯でも「生活がキツい」理由。

Iryna Kuznetsova / shutterstock.com

家庭の経済状況を大きく左右するものといえば、やはり年収でしょう。

国税庁の「令和元年(2019年)分 民間給与実態統計調査」によると、日本人の平均給与は436万円。この数字と比べると、「年収600万円」という層に対して「生活にゆとりがありそう・・・」と感じる人は多いのではないでしょうか。

ところが、600万円の年収があるにもかかわらず、余裕のない生活を送っている世帯も珍しくありません。平均以上の年収なのに、なぜそのような状況に陥っているのでしょうか。その原因を、お金に関するデータをもとに探っていきましょう。

続きを読む

年収600万円世帯の「貯蓄の中身」は?

まずは、総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」から、年収600万円の勤労世帯の状況をみていきましょう。

なお、ここでは参考データとして、ひとつ上の「年収650万円~700万円」の層についても併記しています。

年収600万~650万円・勤労世帯の貯蓄

平均貯蓄額:1,072万円

〈内訳〉

  • 通貨性預貯金:324万円
  • 定期性預貯金:403万円
  • 生命保険:238万円
  • 有価証券:80万円
  • 金融機関外:27万円

年収650~700万円・勤労世帯の貯蓄

平均貯蓄額:1,246万円

〈内訳〉

  • 通貨性預貯金:411万円
  • 定期性預貯金:384万円
  • 生命保険:315万円
  • 有価証券:136万円
  • 金融機関外:32万円

年収600万円世帯の平均貯蓄額は1,072万円という結果に。この数字だけみると、「これだけの貯蓄があれば、生活にも余裕があるのでは」と感じるかもしれません。しかし、貯蓄額だけで経済状況を判断するのは難しいもの。あわせて、負債額もチェックしておきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。