完売後、人気すぎて再販。ディーン&デルーカ「福袋2021」口福が詰まった5種の中身

ランチタイムによく見かける「DEAN&DELUCA」の文字の入ったトートバッグ。雑貨や小物に敏感な女性たちの間で長年高い人気を誇っているのがアメリカ発の高級食材のセレクトショップ、ディーン&デルーカ(DEAN&DELUCA)です。

日本では六本木や品川といったお洒落な場所に多くの店舗を構え、店内は会社帰りのOLや主婦で賑わっています。日本ではトートバッグが注目されがちですが、こだわりのフードはどれもおしゃれでおいしく、日常の「ちょっとした贅沢」にピッタリな商品ばかりです。

そんなディーン&デルーカから新年からお得に楽しめる「福袋2021」の発売が発表されました。さまざまなバリエーションが用意されたディーン&デルーカの福袋。早くも予約殺到のようです。

**************

ディーン&デルーカは、1977年マンハッタンに最初の店舗をオープンさせました。以来、アメリカでは高級食材のセレクトショップとしてニューヨークの食文化に影響を与える存在として発展。その人気は日本にも伝わり、現在東京などの都市部を中心にマーケットやカフェを展開しています。

しかし、本国アメリカでの経営は時代の移り変わりとともに行き詰まり、2020年3月にはついに経営が破綻。気になる日本の店舗ですが、2016年に完全に独立していたため影響は受けておらず、今後も日本での展開は継続することを発表しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。