ゴミ袋派が教える。レジ袋有料化で売れている「実は高コスパ」なレジ袋5選

2020年7月1日から本格導入された「プラスチック製買い物袋の有料化」の影響で、多くのエコバッグが発売されました。この流れによって、多くの人がエコバッグを揃えたのではないでしょうか。

しかし、肝心なときに忘れてしまったり、衛生面での対策を考えなければならなかったりと、管理が面倒だと感じませんか?だからといって、買い物のたびにレジ袋を買うのはもったいない気もします。

そこで今回は、その全ての悩みを解決できる、簡単な方法をご紹介します。実は、高コスパで使い勝手の良いレジ袋がエコバッグとしておすすめなのです。

スーパーやドラッグストア、ネット通販でも購入できるレジ袋。使用後はゴミ入れとして再利用する“ゴミ袋派”にも大人気なレジ袋5選をご紹介します。

レジで買うよりお得 

レジ袋有料化によって、普段からエコバッグを持ち歩く人が増加。簡単に畳めるものやコンパクトで場所を取らないものまで、消費者のニーズに合わせさまざまな種類のエコバッグが登場しました。

便利で使い勝手の良いエコバッグばかりですが、衛生面はどうでしょうか。「買ってから、一度も洗ったことがない」なんてことはありませんか?生ものやお惣菜など、そのまま口にするような食材を入れれば、食中毒のおそれが出てきます。

「お惣菜やお弁当を買うときは、合わせてレジ袋を買う」という対策もよさそうですが、毎回レジ袋を買うのは金額的に高くつくことも。衛生面を考慮しつつ、コスパ面でも負担になりにくいのが、レジ袋を常備しておくこと。

常備したレジ袋を買い物袋として使用したあとは、ゴミ袋に再利用が可能。買い物のたびにレジで買うよりも、安価に購入できるのもポイントです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。