コロナ禍で主婦がもっとも「節約」したいことは?

コロナの影響で「家計方針迷子」が続出

Comaniciu Dan/shutterstock.com

2019年の消費税増税や2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって、大きなダメージを被った家庭も少なくないでしょう。お金の使い所を絞り込んだり節約に励むなど、家計を守るためには工夫も必要です。そこで今回は家庭のお財布を握っているママに向けて㈱マインドシェアが行った調査データ「日本のママ白書2020年度緊急版(コロナ影響把握版)」をもとにして、コロナ禍でのお金への考え方を見ていきます。

続きを読む

出口が見えないコロナ。ママたちが不安に感じるのはお金のこと

㈱マインドシェアがまとめた「日本のママ白書2020年度緊急版(コロナ影響把握版)」の中で、ママ自身の中長期的な不安についての質問があります。最も多かった回答は「自身や家族が勤めている会社の経営状況が悪化するのではないか」で23.2%で、次いで「生活水準を維持するのが難しくなるのではないか」が21.1%となりました。COVID-19によって仕事や収入が減ることもあり、場合によっては職を失うこともあります。そうなると今の生活を保てなくなってしまうという不安を強く感じていることがうかがえます。

拡大する

ママの中長期的な不安について(出典:㈱マインドシェアの調査より)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。夫と子ども2人(高校生)の4人家族。家計の節約やお得情報を発信していきます。