「貯金1000万円」、みんなフツーに持ってるなんてウソでしょ!?

年齢別の預貯金平均額はいくらか

では、年齢別に預貯金の額を見ていきましょう。先ほどのように、年齢別に各種預貯金の金額を合計していきますね。

  • 20代(~29歳)の預貯金の平均額:234万円
  • 30代(30~39歳)の預貯金の平均額:513万円
  • 40代(40~49歳)の預貯金の平均額:681万円
  • 50代(50~59歳)の預貯金の平均額:1016万円
  • 60代(60~69歳)の預貯金の平均額:1464万円
  • 70代以上の預貯金の平均額:1542万円

60代までは年齢を重ねるにつれて預貯金の額が増えています。そして50代では平均で1000万円を超えています。つまり、50代になって、預貯金が1000万円ないと平均値には達していないということができるでしょう。

60代では退職金を手にされる方もいるので、さらに預貯金の額は増えていくわけです。70代では、完全にお金を取り崩す局面に入るはずですが、それでも平均値では60代をわずかに上回る預貯金があるんですよね。

とはいえ、預貯金額と同時に気になるのが「負債」の額。次では年齢層別の負債額がどれくらいか、みていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。