シンママにオシャレは必要ない? しんどいときこそ気持ちを上げる節約オシャレを!

オシャレというと、少し前までは”ぜいたく”というイメージがありました。しかし最近では、安価であってもデザインの良いものが増えてきています。

シンママ(シングルマザー)である筆者は、子どもの教育費や老後資金を貯めたいので「できる限り被服費にお金は使いたくない」「100円でも安いほうがいい」と常日頃から考えて買い物をしています。しかし切り詰めすぎると今度は心がカツカツになり、心に余裕が持てなくなるのも正直なところ。

続きを読む

かけるお金は少なくとも、できる限りのオシャレを楽しみたい! それは「オシャレをすること=自分を大切にしている」気持ちになれて、心に余裕をもって毎日を過ごせるようになるから。

その思いから買い物するお店を選んで工夫することで、「今日のワンピースとアクセサリーを合わせても2000円以下」で自分の満足がいくオシャレが楽しめるようになりました。節約をしながらオシャレを楽しむ方法を紹介します。

300円均一のアクセサリーはデザイン性が高め

手持ちの服でも、身に付けるだけでオシャレ度をアップさせたり、季節感を感じさせてくれて便利なのがアクセサリー。ピアスやイヤリング、指輪やネックレス、またマニキュアやヘアアクセサリーといったものでも、今は100均や300円均一でデザインの良いものが購入できます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。女性のキャリアとお金について勉強を重ねる日々。