「生涯年収と学歴」って、どんな相関関係があるの?

では、「大学」にかかるお金ってどのぐらい?

単純に合算はできませんが、上記のデータを見る限り、生涯年収と退職金、どちらをとっても、学歴によって大きく差がでてしまうようです。ただ、その一方で、「大学を出るにも、それなりにお金がかかるじゃないか。無理に学歴をつけなくても、その分働けば、同等に稼ぐことができるのではないか。」と考える人もいるでしょう。

そこで最後に、大学の入学から卒業までにかかるお金についてみてみることにしましょう。文部科学省が出している「国公私立大学の授業料等の推移」から単純計算すると、大学にかかる費用は、以下のようになります。

国立大学(2019年度入学)

入学料:28万2000円
授業料:53万5800円(4年間で2,14万3200円)
計242万5200円

公立大学(2019年度入学)

入学料:39万2391円
授業料:53万8734円(4年間で215万4936円)
計254万7327円

私立大学(2018年度入学)

入学料:24万9985円
授業料:90万4146円(4年間で361万6584円)
計386万6569円

退職金の差額が300万円前後であることを考えると、退職金の差額分の投資で、生涯年収の差額分を手にすることができる、というようなイメージでしょうか。そう考えると、「就職を見据えて、子どもに学歴をつけさせたい」という発想も、なんとなくわかるかもしれません。

参考「国公私立大学の授業料等の推移」文部科学省

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。