50代の貯蓄額と将来の年金受給額は、どれくらい?

~50代からの老後資金の準備~

50代は、30代で子どもを産んだ人にとっては教育費のピークが訪れ、また住宅ローンの返済がある人もおり、支出が多い年代となります。これに加えて老後資金を具体的に考える年代ともいえるでしょう。

ここでは50代の貯蓄や年金などの老後資金について見ていきます。

50代の貯蓄はどれくらい?

総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2019年(令和元年)平均結果―(二人以上の世帯)」によると、二人以上世帯の貯蓄現在高は1,755万円で、負債現在高は570万円となっています。では、50代の貯蓄はどれくらいなのでしょうか。

続きを読む

50~59歳の貯蓄・負債額

貯蓄現在高:1,704万円
負債現在高:652万円

50代の貯蓄額は、全体における平均値と50万円ほどしか変わらないようです。純貯蓄額は1,052万円となっています。ちなみに平均の年間収入は852万円となっています。

次にこの「貯蓄」内容についてですが、

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。