花粉症なのにマスクがない…おこもりがちな今「掃除ムラ」なくして花粉予防

日々温かさが増し、今年も花粉症のお悩み真っ最中という方も多いと思います。しかし、今年は新型コロナウィルスの影響で、マスクが手に入りづらくなっています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような症状はなくとも、花粉症だって憂鬱な症状です。では、今回のようにマスクがない中でどのようにしたらこの難局を乗り切れるのでしょうか。

室内に潜む「隠れダスト」

ソフトバンクロボティクス株式会社が全国の20~50代のオフィスで働く男女516人におこなった「オフィスの“隠れダスト”に関する意識調査」によると、オフィスで花粉が多く存在するのは「空気中」と約50%の人が回答。対して、「床」と回答したのはわずか1.6%でした。その答えから花粉は室内に飛散しているイメージが強いことがわかります。そういった人たちは花粉対策として「マスクの着用」や「空気清浄機の運転」を重視し、床掃除といった「隠れダスト」への対策を怠っている場合もあるようです。

続きを読む

また、同社の調査では、人の手による掃除では目に見えるごみに集中してしまい「掃除ムラ」が発生しやすいことを指摘。人による掃除では掃除前に比べ約60%しか清掃しきれていないことがわかっています。

つまり、残りの約40%のゴミや埃の中に含まれる花粉をしっかりと清掃し部屋から追い出すことで、マスクとは別の方向から花粉対策をおこなうことができるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。