新型コロナで混乱する半導体業界、欧米企業中心に売上修正相次ぐ

顧客の在庫戦略にも翻弄

4~6月期以降はさらなる下ぶれリスクも

 欧米を中心とする海外半導体メーカーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、2020年1~3月期の業績見通しの修正を相次いで行っている。ただ、現時点で把握できる範囲での影響額を盛り込んだに過ぎず、4~6月期以降の業績予想はさらなる下ぶれリスクがつきまとう。

減額率は3~6%

 通期業績予想を開示する日系各社と異なり、欧米企業は次四半期の業績ガイダンスを開示する手法を取っているケースが多く、すでに発表していた四半期見通しを3月に入って修正するかたちとなっている。10月が決算期であるアナログデバイセズとエヌビディアは2月中旬に行った2~4月期の業績ガイダンスで、すでに新型コロナに対する影響額を盛り込んだ数値を発表している。

続きを読む

 おおむね減額率は3~6%の範囲にとどまっており、実際の影響金額でも5000万~1億ドルとなっている。下方修正を行った企業のうち、コルボやスカイワークス、アナログデバイセズは通信系デバイスを主力分野の1つとしており、スマートフォンや通信インフラのサプライチェーンから影響を受けた。一方、NXPやオンセミコンダクターは、主に自動車や産業機器向けを中心とする影響が多いとみられる。また、ブロードコムなどはもともと開示していた20年度通期の業績予想を撤回するなどしている。

 3月2日にガイダンスの引き下げを行ったマイクロチップは、「米国および欧州のビジネスは予定どおり進捗しているが、アジア特に中国での需要の弱さが見られる」と言及している。ただ、現在は新型コロナの影響は米国および欧州でも広がっており、発表時点に比べて状況がさらに悪化している。3月1日に発表したNXPも「事態は流動的であり、この見通しは現在の試算」であることを強調している。

 日系半導体メーカーは今のところ業績ガイダンスの引き下げなどは行っていないものの、これら海外メーカーと競合するルネサス エレクトロニクスやロームなども業績に対して同程度の影響が予想されるところだ。

一部では在庫積み増しの動きも

 ただ、足元ではスマートフォンなどを中心に、顧客側で在庫を積み増す動きもあり、供給各社もマクロ環境と異なる動きに戸惑いを見せている。中国ファーウェイなどは、19年末時点で数カ月分保有していた在庫をさらに積み増す動きにも出ている。狙いは定かではないが、米中貿易摩擦の一層の激化を考慮して、さらなる在庫保有に走ったとの見方もある。

 そのため、1~3月期および4~6月期の各社業績は在庫保有政策の影響から、見かけ上の数字はそれほど悪化しないことも想定される。ただ、消費の落ち込みは世界的に進むと見られており、実需と在庫のギャップは一層大きくなり、年半ば~後半から大きな需要の落ち込みが顕在化してくる可能性もありそうだ。

電子デバイス産業新聞 副編集長 稲葉 雅巳

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
稲葉 雅巳(電子デバイス産業新聞)

2005年(株)産業タイムズ社入社、以後、電子デバイス産業新聞(旧:半導体産業新聞)編集部記者として、半導体を中心にエレクトロニクス業界の取材活動を続ける。2015年から副編集長。