陰の権力に過剰な反応…「ヤバイ部下」からの逆パワハラが急増中!?

・何を言っても理由なく反抗し、仕事の指示に応じない部下

・感情的な自己主張が多く、いつもケンカ腰で接してくる部下

・指示や指導がまったく通じない‟天然ゆるふわ“な部下

・職場で‟陰の権力“を振るって、まわりを困惑させるお局様部下

こうした部下に一喝入れたい人も多いと思いますが、パワハラで訴えられることを恐れて、部下に強く出ることができない人もいるでしょう。

立場上は「上司が注意して改善させるべき」という意見もあるかもしれません。しかし、社会的にハラスメントに対する意識が高まっていることもあり、上司は部下の顔色を伺って接しないといけません。現代の上司たちは、思うように行動したり、注意したりできない環境に置かれています。

しかも、「人手不足」で人材確保が難しいなか、モンスター部下といえどもすぐに離職されては困るのも事実。「パワハラ!モラハラ!」と部下に過敏に反応されてしまうと、自身の出世にも影響する可能性もあります。


モンスター部下の存在に悩み、人事部や総務部に相談しても解決しない毎日……。転職しようにも、40代~50代向けの求人が少なく、簡単に転職もできずに立ち往生する上司は少なくないようです。

「ゆとり世代」をやる気にさせるには?

上司のなかには、いわゆる「ゆとり世代」に困っている人も少なくないでしょう。注意されると極端に落ち込んだり、プライドを傷つけられることを嫌ったりするなど、正直「融通が利かないなぁ」と困ってしまうこともありますよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。