電子マネーで予算管理が最強かも…?貯められる男性に学ぶ、上手な「お金の使い方」

「お金が貯まる男性」というと、どんなイメージがありますか?節約ばかりしていて余裕がなさそう、一部の高収入の人に限った話だと思っている方も多いのではないでしょうか。

貯まる男性のなかには、趣味を思いっきり満喫している、ごく平均的な収入といった人も多く存在しています。彼らはどのようにして、うまく貯金に取り組んでいるのでしょうか。そのテクニックを伺いました。

お金を貯められる男性は「お金のかけどころ」を知っている

続きを読む

さっそく、実際にお金をしっかりと貯めている男性から、普段気を付けているポイントや支出への意識を聞いてみましょう。お金を貯める秘訣は、一体どこにあるのでしょうか。

・「食費は外食が増えると一気に膨れ上がるので、『月に3回まで』と決めています。上限金額を決めるとつい安価なジャンクフードばかり選んでしまうので、あえて回数のみルールを定めました。節約したつもりが、不健康の原因になっていては意味がありませんからね」

・「電子マネーに毎月5000円チャージし、趣味に関する買い物はそこから支払っています。以前クレジットカードで買い過ぎたことがありますが、この方法だとしっかり予算内に抑えられますよ」

・「子どもが生まれたとき、今後の教育方針を夫婦で大まかに話し合っておきました。本人が希望したら私立に行かせたい、習いごとは2つ以上取り組ませたい、大学の費用は高校入学までに貯めておきたい、その代わり衣服代は親戚からのお下がりを活用する…など。そのおかげで、これからの貯金スケジュールが明確になりましたよ」

こう見ると、食費は回数を絞って質を落とさない、趣味は楽しむが予算内に抑えるなど、自分に合った「お金のかけどころ」を見つけることの大切さがうかがえました。むやみに我慢して不健康な生活やストレスに繋げるより、彼らのように無理のない範囲で生活水準を保っておきたいですね。

富裕層の人の行動と意識

では、お金が貯まる人にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、富裕層と呼ばれる人と交流する機会のある人に、印象に残っている彼らの行動や発言を聞いてみました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。