離婚しようかな…ちょっと待った!熟年夫婦から学ぶ長続きの秘訣

どんな夫婦にも、多少のけんかは発生してしまうもの。しばらくして仲直りできればいいのですが、状況が悪化して離婚に…なんてことになったら一大事です。

そんな事態にならないためにも、夫婦が仲よく過ごせるためのコツを知っておきましょう。ちょっとした意識で、お互いの関係がよくなっていくはずですよ。

心に届く伝え方

相手に自分の意見を伝えても、なぜか聞く耳をもってくれない…なんて経験はありませんか?それは、伝え方に問題点があるのかもしれません。以下に挙げる点を意識して、伝えたいことを相手の心に届けましょう。

続きを読む

相手の気持ちを推し量る

たとえあなたの意見が正論でも、それを言われた相手は傷つく恐れがあります。それは、自分の間違いを指摘されたように受け取ってしまうから。

そのため、正論だと分かっていても「間違いだと否定された」と感情的になってしまうのです。このような状態では、相手の意見を素直に受け止めにくいでしょう。

正論を伝えるときこそ、相手の受け止め方に配慮する必要があります。「あなたは間違っている」と上から目線の言い方にならないよう、言葉選びには十分注意しましょう。

過程について話し合う

話をしていると、つい「つまりあなたは間違っている」と結果を先にいいたくなることもありますよね。しかし、ここは結果をあとに回して「実際に起こったこと」「そのときの状況や感情」「結果までの経緯」について話し合うほうがいいでしょう。

そうすれば、相手も「実は当時こんな状況で…」と安心して伝えることができます。お互いが事情を把握することで、スムーズに話を進められるメリットも。いきなり結果から話すのではなく、それまでの過程を確認するように気をつけておきましょう。

今の努力を認める

すでに頑張っている相手に「それではダメ」「もっと頑張って」と指摘すると、「これでもまだ努力が足りないのか」「これ以上は無理だ」と捉えられてしまうでしょう。そこで、まずは今の努力を認める言葉を添えておきましょう。自分の努力を認めてもらえると、前向きに話し合ってくれるはずですよ。

お互いが気持ちよく変わる方法

普段の行動を変えるには、「変わらなければ」という動機付けが必要です。しかし、その動機が「相手に怒られるから」では、気持ち良く対応しているとは言えません。

お互いが気持ち良く変わるには、まず相手の意見を聞くことが大切。「なんで頼んだことをしてないのよ!」と怒るのではなく、「いつやろうと思っているの?」と尋ねてみるといいでしょう。

もしかすると、「今は疲れているから、お風呂に入ったあとにやろうと思っていた」といった答えが返ってくるかもしれません。頭ごなしに指摘するのではなく、相手の意見に耳を傾ける癖をつけておきましょう。

熟年夫婦による長続きの秘訣

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。