8割が老後に不安…老後の貯蓄に対する不安を取り除くヒント

では、老後の生活費はいくら用意しておく必要があるのでしょうか。生命保険文化センターの『平成28年度「生活保障に関する調査」』(平成28年12月発行)のデータをみていきましょう。

支出面

この調査で、「老後の最低日常生活費」は「20~25万円未満」と答えている人が最も多く、全体の31.5%という結果でした。一方、平均額は22万円。これは平成16年の24.2万円をピークに減少傾向となっています。

さらに、同じ調査内で明らかになった「経済的にゆとりのある老後生活を送るための費用」もチェックしておきましょう。これは、先ほどの「老後の最低日常生活費」に加えて必要とする金額です。

調査の結果、最も多かった答えは「10~15万円未満」で全体の34.9%となりました。全体の平均額は12.8万円と、平成3年の15.5万円をピークに減少傾向です。

収入面

次に、老後の年金収入を考えていきましょう。「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)受給権者の月額平均は平均額が約14万円。年齢や就業状況によって差はあるものの、夫婦共働き世帯でだいたい14万円の倍近い年金収入があるといえます。

しかし、この「夫婦共働き世帯の厚生年金の月額合計金額」と「ゆとりある老後生活に必要な費用」には10万円ほどの差があります。60歳定年、90歳まで生存したとすると、「10万円×12か月×30年間=3600万円」が不足することになります。あくまでも一例ですが、先ほどの前提では3600万円の備えが必要といえるでしょう。

まとめ

安心して老後を迎えるためにも、十分な貯蓄を用意しておきたいもの。そのためには、具体的な目標金額と日々の取り組みが大切です。「ゆとりある生活を望んでいるのか」「どのくらいの年金収入が見込めるのか」など、いまのうちに将来の生活をイメージしておきましょう。


【ご参考】貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

 

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。