話題の「小学1年生の起業家」から考える、おこづかいの渡し方

ビジネス、今日のひとネタ

みなさんは、子どもに渡すおこづかいの金額について悩んだことはありませんか?

欲しいものを買うお金を貯めるために「家庭内起業」をした小学1年生の男の子について、先日、アートディレクターの佐藤ねじさんが書いた記事が話題になっています。

「家庭内起業」に至った理由は?

佐藤さんの息子は、毎月100円のおこづかいをもらっていました。しかし、あるとき150円のカードゲームのパックが欲しくなり、お金が足りず困ってしまいました。

続きを読む

その姿を見た佐藤さんは、息子に向けて100円で「おこづかい講座」を開き、お金の使い方や、お金を増やすためのビジネスのアドバイスをしました。

小1の男の子でもできることで、どんな方法ならお金を出してもらえるようなサービスを提供できるのか。ビジネスチャンスを掴むためのいくつかのアドバイスの中から、最終的に「ターゲット(=両親)が普段お金を出して得ているもの」として、コーヒーとマッサージを提供することになりました。

小1の男の子が「借金」をして「起業」!?

「お店で出るような美味しいコーヒーを、ハンドドリップで淹れてくれるならお金を払ってもいい」というターゲットの要望に応えるために、原料となるコーヒー豆は1900円の高いものを選びました。

100円の講座に参加しておこづかいを使い切ってしまった男の子は、1000円のお年玉貯金を持っていましたが、これでは1900円の豆は買えません。そこで、なんと親から900円の借金をして材料を買い、両親に一杯200円でコーヒーを提供することになりました。

こうして「家庭内起業」をした男の子は、自分で出納帳をつけ、売上で借金を返済しながらコーヒー屋を経営し、2カ月かけて黒字に転じさせたのです。

おこづかいの渡し方

子どもにおこづかいをいくら渡すか、どのように渡すかという問題は、多くの親御さんに共通した悩みでしょう。

毎月のおこづかいに加えて、お手伝いをしたらボーナスをあげる、という制度を導入している家庭も多いようですが、これに関しては「本来、家事は家庭全体で分担するものなのに、お金を渡さないとお手伝いをしてくれなくなった」など、新たな悩みの種になってしまったという声も聞かれます。

この「家庭内起業家」のエピソードも、一見これと似たような方式に思えるかもしれません。しかし、ただお手伝いの対価としておこづかいを渡すのではなく、子どもが自分自身で顧客の求めるものを考え、借金と投資という過程を踏んだ「ビジネス」を行うことで、お金の感覚や使い方を学ぶ機会にもなる面白い試みであるといえます。

「お金の教育」の斬新な方法に感心の声

5月6日に「note」に投稿されたこの記事には、ネット上で高い関心が寄せられており、記事に関する筆者の佐藤ねじさんのツイートは、5月10日時点で2万1000リツイート、5万5000いいねを突破しています。

記事に寄せられたコメントには、

「『たかが900円』と少額に思えるが、自分に置き換えたらかなりの大金を払ったことになる。月収の9倍の投資をする勇気に感心する」

と男の子の行動力に驚く声や、

「お手伝い=労働の対価としてお金をもらうことと、投資と回収でお金を増やすことは大きく違う。幼い子供に投資の仕組みを説明して実行させられる親もすごい」
「自分も子どもが大きくなってお金に困っていたら、『家庭内起業』のような楽しいアイデアを提供してあげたい」

という声がありました。

子どもの金銭感覚を養うヒントとして

「カードゲームを買いたい」というきっかけで起業した男の子は、次第に「何かをやってお金を稼ぐ」こと自体に面白さを見つけ、新しい遊びとして楽しんでいるそうです。

ただお金を渡すだけではなく、「お金の勉強」の一環として自分たち相手に「ビジネス」をさせてみる。このやり方がすべての家庭に合うわけではないでしょうが、おこづかいの渡し方に悩む親御さんにとっても、ひとつのヒントになるかもしれませんね。

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。