夫婦の金銭感覚のズレ…将来お金で苦労しそうな男性とは?

お金に苦労する男性には、いくつかの共通点がみられます。以下の項目に多く当てはまる男性は、お金に困る可能性が高いと考えられるでしょう。

1人暮らしをしたことがない

1人暮らしをすると、「水道代や光熱費がどのくらいなのか」「引っ越しはどのような手続きが必要なのか」といった知識を得ることができます。反対にずっと実家暮らしだった場合、家事のやり方や金銭感覚が身につかないままの状態になりがち。生活費のやりくりができず、お金に苦労してしまう可能性も否定できません。

軽々しく「奢ってよ」と言う

軽い口調で「奢ってよ」「お金を貸してよ」という人は、お金の価値を知らないと考えられます。他人のお金を使うことには躊躇しないのに、自分のお金となるとケチになるケースも多く見られます。このような人と結婚すると、自分の給料だけ大事にして、ほかの家族に窮屈な思いをさせてしまうでしょう。

まとめ

身の回りの男性を振り返ってみると、「あの人はお金に困りそうだな」と感じる人が1人はいたのではないでしょうか。結婚相手の収入や財力も大切ですが、お金に対する考え方も重要なポイントです。夫婦ゲンカにも繋がってしまうため、お金に苦労しそうな男性には十分注意しておくようにしましょう。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。