老後にお金がない!危機を防ぐために今すぐ始めること

「生活に十分な年金が確実にもらえる」とは言い切れない現在、老後の備えはしっかりしておきたいですよね。とはいえ、「いくらぐらいの貯蓄があればいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、老後に向けた貯蓄の進め方をご紹介します!貯蓄の目安もチェックしておきましょう!

老後のお金がない危機の回避方法

いざ老後の生活が始まったものの、お金がない…なんてことは避けておきたいですよね。そのためにも、次のような取り組みで計画的に貯蓄をしておきましょう。

続きを読む

目標額を決めておく

無計画にお金を貯めていくより、「いくら貯める」と明確な目標を決めておく方がスケジュールを立てやすくなります。老後の貯蓄を貯める際は、他の目的と混在しないためにも、口座を分けておくなどの工夫が必要です。金利の高い定期預金を選ぶなど、ついお金を使ってしまわないように守っておきましょう。

予定されている支出を計算しておく

老後を迎えるまでは、思っているよりも長い道のりが待っています。ときには、大きな出費が発生することもあるでしょう。

特に多いのは、マイホームの購入のために頭金が必要になるケースです。「いくら用意しておきたいのか」「何歳のときに購入したいのか」をあらかじめ考えておき、老後用とは別で貯めておく必要があります。将来のビジョンを思い描きながら、いつまでにいくら貯めておきたいのかを計算しておきましょう。

老後用の貯蓄は投資しない

投資には、多少なりとも損失のリスクが伴ってしまいます。そのため、必ず確保しておかなければならない老後のためのお金は、投資に利用しないのが鉄則です。「もっとお金を増やしたい」という感情に流されないよう、しっかり気を引き締めておきましょう。

老後の貯蓄はいくら必要?

老後の貯蓄を用意するには、いくら必要なのかを知っておきたいですよね。そこで、生命保険文化センターによる『平成28年度「生活保障に関する調査」』(平成28年12月発行)の結果を参考にしてみましょう。

調査によると、「老後の最低日常生活費」は「20~25万円未満」と答えている人が最も多い結果となりました。割合で言うと31.5%となり、全体の約3分の1を占めています。また、平均額は22万円となりました。この数字は平成16年の24.2万円をピークに、減少傾向となっています。

さらに、同調査の「経済的にゆとりのある老後生活を送るための費用」もチェックしておきましょう。これは、先ほどの「老後の最低日常生活費」に加えて必要な金額です。

最も多い回答は「10~15万円未満」で、全体の34.9%を占めていました。全体の平均額は12.8万円となっており、平成3年の15.5万円をピークに減少傾向です。老後に最低日常生活費に加え、余裕を持って貯蓄を増やしておくと安心でしょう。

老後のため今すぐ始められること

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。