収入額が同じでも「貯まる人」と「貯まらない人」両者の違いとは?

収入額が同じ場合でも、しっかりお金を貯めることができる人もいれば、反対になかなかお金が貯まらない人もいますよね。両者の違いは、一体どこにあるのでしょうか。その違いを見ると、どうすればお金が貯まるのかが自然と掴めてきますよ。

お金が貯まる人と貯まらない人の違いとは?

「お金が貯まる人」になるには、彼らの特徴を真似してみるとよいでしょう。貯まる人は、次のようなことに取り組んでいます。

貯まる人はレシートを受け取る

続きを読む

レシートには、「あなたが何にいくら使っているのか」という情報が示されています。だからこそ、お金が貯まる人はレシートをしっかり受け取っているケースが多いのです。

そのレシートは、あとから家計簿に記入したり、保管しておいて支出内容の分析に役立てたりすることができます。自分の無駄遣いに気がつき、改善できるというメリットも。買い物をしたときは、レシートを受け取る癖をつけておきましょう。

貯まる人は節約しながら趣味を楽しむ

趣味や娯楽も、節約をしながら十分満喫することができます。民間より安い自治体のスポーツジムを利用したり、自分が行きたいと感じる飲み会だけに参加したりと、工夫次第でさまざまな節約方法が生み出せます。

「余計な出費は一切しない」とストレスを貯めるのではなく、ほどほどに趣味を楽しんでおきましょう。

貯まらない人は先に貯金をする

余裕のある収入なのに貯金ができない人は、「残ったお金を貯金しよう」と考えている傾向があります。そこで、順番を変えて「お金を使う前に貯める」ようにしてみましょう。

「毎月いくら貯めたいか」を考えておき、給料日にその金額を貯金用口座に移します。たとえ手元のお金を全部使い切ったとしても、あらかじめ移動しておいたお金は確保できているので安心ですよ。

無駄遣いの多い人がやるべきこと

手元に入ってくるお金を一気に増やすことは難しいですが、お金の無駄遣いを減らすことはすぐにできます。「つい余計なものを買ってしまう」という方は、以下のことに取り組んでみましょう。

1週間サイクルで生活する

1週間の生活費を決めておき、月曜日にそのお金を財布に入れておきます。そのお金から食費など毎日の生活費を支払うだけで、自然と「決められた金額内で生活する」という習慣が身につきます。「前半に使い過ぎたから、週末は節約しよう」といった意識も芽生えるでしょう。

クレジットカードの使用を制限する

1週間の生活費を設定しているのに、クレジットカードを使用していては意味がありませんよね。そこで、クレジットカードからいったん離れた生活を送ってみましょう。締め日によって翌月~翌々月に請求がくるため、最低でも2カ月は使用を控えておいてください。赤字の原因になりがちな、クレジットカードの使いすぎを防ぐこともできますよ。

お金が貯まる人のルーティンを真似してみよう

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。