「100万円を1年で貯める!」と決めたらまずすべきこと3選

マイホームの頭金、子どもの教育費、老後資金など、貯金はできるだけ増やしておきたいものですよね。「一気にたくさん貯めるのはハードルが高い…」という方は、まず100万円を目指して貯金してみてはどうでしょうか。

そこで今回は、「1年間で100万円を貯める」という目標に対し、実現させる手順やポイントを解説していきます!

みんなはどのくらい貯めているのか

2018年11月に金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)が発表した「知るぽると」のデータを見ていきましょう。「二人以上世帯で金融資産を保有しない世帯も含む調査実数3579世帯」を対象にした、金融資産の保有状況は以下の通りです。

続きを読む

金融資産非保有:22.7%
100万円未満:3.6%
100万円以上200万円未満:3.9%
200万円以上300万円未満:3.2%
300万円以上400万円未満:3.9%
400万円以上500万円未満:3.4%
500万円以上700万円未満:7.8%
700万円以上1000万円未満:6.8%
1000万円以上1500万円未満:10.0%
1500万円以上2000万円未満:7.0%
2000万円以上3000万円未満:8.6%
3000万円以上:12.7%
※無回答6.4%

金融資産非保有、もしくは100万円未満の世帯は、合計26.3%という結果に。多くの世帯が、100万円以上の金融資産があるという現状です。

長期にわたって貯めた資産であることも考えられますが、「現時点で金融資産が100万円に満たない」という世帯は、貯金にエンジンをかけたほうがいいと言えるでしょう。

なお、金融資産には、預貯金、生命保険、損害保険、個人年金保険といった保険、また株式、投資信託、債券といった有価証券と財形貯蓄が含まれます。

  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

100万円を貯める3ステップとは

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。