定年離婚願望のある人は何割? 「性格の不一致」を超えた理由とは

夫婦仲は発酵チーズのようなもの。乳と菌がお互いに作用しあって、時間の経過とともに絶妙な味わいが引き出される夫婦もいれば、残念ながら何らかの原因で発酵に失敗して腐ってしまう場合もあります。

家庭の外から見ると仲睦まじい夫婦でも、相手や他人にばれぬように「発酵臭」の発生源に壊れやすい簡易なフタをして、平静を装っている夫婦は少なくありません。

「定年を機に離婚を考えたことがある」と回答した男女の割合は?

1万2,000人の男女を対象に実施された「人生100年時代の結婚に関する意識と実態」(明治安田生活福祉研究所)によれば、「定年を機に離婚しようと考えたことがある」と回答した40~64歳の男女の割合は、かなり高い数字となりました。

続きを読む

【定年を機に離婚しようと考えたことがある割合】

子どもがいる既婚男性・・・19.6%
子どもがいない既婚男性・・・11.1%

子どもがいる既婚女性・・・28.1%
子どもがいない既婚女性・・・13.3%

どうやら、子どもがいる夫婦の方が離婚願望を胸に秘めている割合が高い模様。経済状況や子どもの心理的ストレスを考えて、子どもが成長するまで離婚したい気持ちを抑えている夫婦がいると推測できます。中でも子どものいる女性が離婚を考えた割合は約3割と、最も高い割合でした。

定年離婚を考えた理由は?

続いて、定年を機に離婚しようと思った原因について男女別の理由をご紹介します。

【定年を機に離婚しようと考えた理由】

■男性
1位・・・「配偶者からの愛情、配偶者への愛情を感じないから」(37.6%)
2位・・・「退職後に毎日配偶者と家で一緒に生活するのは耐えられない」(27.8%)
3位・・・「性格・価値観の不一致に耐えられなくなった」(27.4%)

■女性
1位・・・「退職後に毎日配偶者と家で一緒に生活するのは耐えられない」(45.1%)
2位・・・「性格・価値観の不一致に耐えられなくなった」(33.2%)
3位・・・「配偶者からの愛情、配偶者への愛情を感じないから」(30.2%)

特筆すべきが女性の「退職後に毎日配偶者と家で一緒に生活するのは耐えられない」の高い割合。離婚を考えたことがある女性の中には、毎日夫と朝から晩まで顔を合わせることをネガティブにとらえている方が少なくないようです。

実際、夫と過ごすことで引き起こされる女性のストレスについては、「主人在宅ストレス症候群」「濡れ落ち葉症候群」「夫源病」など、様々な言葉が生まれています。

そのような状態をもたらした原因の1つが、「普段、夫が家にいない」という状況が当たり前だったからだと推測できます。妻が子どもの教育で追い詰められたり、体調が悪く家事がつらくてSOSサインを出していても夫が仕事を優先してきた場合、妻の小さな絶望が積み重なっていきます。

若い頃には夫への期待からあれこれ口うるさく言っていた妻が、年月とともに冷めた態度になっていくと、夫は「妻から愛されていない」「性格が合わない」と感じ、夫婦仲の悪化スパイラルが発生しやすくなるのかもしれません。

既婚男女はセカンドライフに「心のつながり」を重視している

ちなみに、既婚男女が「長寿化が進む中で配偶者やパートナーに求めるもの」としては、子どもがいる・いないにかかわらず、男女ともに1位が「ともに老後を生きていくパートナーとしての役割」、2位が「相談・癒しの相手や自分を理解してくれる存在」という結果に。

変わりゆく社会の中で、夫婦がそれぞれが「支えてほしい」「わかってほしい」という満たされぬ欲求をくすぶらせながらあわただしく仕事をして、子を育て、親の介護に悩み、やがてやってくる2人の時間。

定年後のセカンドライフの質を左右するパートナーとの関係性は、現役時代の行動が大きな影響を与えるようです。今のパートナーと一緒に老いていくことを望むのであれば、家庭内である程度自立した関係を築きつつ、相手の心に寄り添っていく必要があるのではないでしょうか。

【参考】人生100年時代の結婚に関する意識と実態 – 明治安田生活福祉研究所

北川 和子

ニュースレター

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向などに関心がある。