お金を「生み出す」節約法~節約にも「質」がある、お金を「失う」節約との違いとは~

それから次に、デカい出費を削らなければ節約としての効果があまり得られません。人生の大きな買い物といえば「住宅・教育・保険・自動車」です。

まず、自動車ですがこれはまっさきに手を入れるべき支出項目です。自動車を保有することでかかるコストは、生涯で4,000万円という試算をする専門家もいます。これが更に高級車となると、そのコスパの悪さは計り知れません。

私はベンツSクラス、レクサスLSを乗っていたことがあるのですが、あまりのコスパの悪さに驚かされたことがありました。それでいて、得られるメリットはあまりにも小さく、「これなら乗りたいときにレンタルをしたほうが良い」という結論にいたり、今では燃費の良いプリウス(トヨタ)に乗っています。田舎暮らしでなければ、本当は自動車に乗らずすべて自転車で済ませたいくらいです。

また、その他でいえば保険料も手を入れるべき項目です。日本人は保険好きという国民性があります。これからは人生100年時代ですから、下手に手厚い保険に入ってしまうと生涯で支払う保険料は途方もない金額になってしまうでしょう。

人によって賛否両論あるかもしれませんが、私の場合は民間の医療保険に加入する必要がないと思っており、実際に加入はしていません。保険に支払うお金を株やFX、不動産投資に振り向けており、そこからの投資収益で資産形成をしています。社会保険はかなり手厚いので、かなりの部分を社会保険でカバーできると考えています。

また、あまりに手厚い保険に入っていると「自分は保険に守られているから」と健康をないがしろにするモラルハザードも生まれてしまうこともあるでしょう。

生涯で支払うコストが大きなものほど、節約のメスを入れる価値があると思うのです。

投資対効果の大きなものは節約しない

しかしながら、節約してはいけないものも存在します。それは投資対効果の大きい対象です。

私は今、東プレリアルフォースという2万円を超えるキーボードを自宅と職場で買って使っています。その気になれば、買った時に付属でついてくるキーボードも使えなくはないのですが、書籍出版や、ビジネス誌、ネット記事を書く物書きの仕事もしていますので、キーボードの打ち味が仕事の成果に直結します。

一度、このキーボードを使うと、その他のキーボードで打つことができなくなってしまうほど、快適でストレスフリーなキーボード入力を実現できます。もしも節約をするつもりで、このキーボードをグレードの低いものにしてしまうと、物書きの仕事をするのが億劫になってしまうでしょう。

私は定期的に講演やメディアの仕事で東京や大阪に出張へ行くのですが、その時にノートPCのキーボードを打つとすぐに疲れてしまい、「ああ、東プレリアルフォースで入力したいな」という気持ちになります。

同じように、日常生活を送る上でよく自転車を使っている人なら、自転車は良いものを買ったほうがいいですし、健康的な食事を実現するために多少コスト高でも質の良いものを食べた方がいいと考えます。これらはすべて、投資対効果の高い支出になるからです。

あちこちで言われている「節約術」などとはテイストの違った展開となりましたが、

・承認欲求を満たすなどの「ムダな支出」はやめる
・節約効果の大きいところを削る
・投資効果の得られるものは節約しない

という3つの要素が重要であると考えます。

黒坂 岳央

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

黒坂 岳央

シカゴの大学へ留学し会計学専攻。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。

フルーツギフトのビジネスに乗り出し「肥後庵」を代表。

ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。

資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。

英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!