「世界三大がっかり名所」がっかりするけどやっぱり一度は見てみたい!?

ビジネス、今日のひとネタ

世界には「三大がっかり名所」と呼ばれる場所があるのですが、みなさんはその3つがどこか、ご存じでしょうか?

旅行好きであれば知っている方も多いと思いますが、その3つの名所とは、シンガポールの「マーライオン」、ベルギーのブリュッセルにある「小便小僧」、デンマークのコペンハーゲンにある「人魚像」です。

では、これらの名所に実際に行ってみると、本当に「がっかり」するのでしょうか。ここでは、実際に行った人の声もあわせてご紹介していきましょう。

続きを読む

シンガポールの「マーライオン」

シンガポールのシンボルとも言われることもある「マーライオン」。上半身がライオン、下半身が魚で、口から水を吐いているアレですね。マーライオンはシンガポールに複数あり、マーライオン像と聞いて想像する元祖とでもいうべき像は、マリーナ・ベイを見渡すことができるマーライオンパークにあります。

マリーナ・ベイ・サンズを対岸に見るマーライオン像

以前はマリーナ・ベイにかかるエスプラネード橋の奥にあったため、景観があまりよくありませんでしたが、2002年に現在の場所に移転。2010年には世界一高度が高いプールがあることで有名な総合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」がオープンしたことによって、それを背景にした夜景スポットとしても人気が集まるようになりました。

ネット上では、実際に行った人からは、こんな声も上がっています。

「マーライオンってこんなに小さかったんだ」
「やっぱりがっかりした」

一方で、意外な声もあります。

「思ったよりがっかりしなくてそれにがっかりした」
「マーライオンの水のところに口をあわせて写真をとった!」
「やっぱりマーライオンをみないとシンガポールに来た気がしない!」

マーライオンは「見たらがっかりする」と思いつつも一目その姿を見たい人や、インスタ映えのために写真撮影する人々で、思ったよりも賑わっているようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。