日経平均は典型的なもみ合い、米国株は強い動きもFOMCを控え様子見か 【日経平均株価】テクニカル分析 2021年6月13日

copy URL

日経平均は横ばいで方向感が出しづらい動き

2021年6月11日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より9円83銭安の28,948円73銭。前日10日の米株式相場が上昇したことから朝方は買いが優勢でしたが、29,000円に近づくと利益確定の売りが出やすい状況でした。

先週の日経平均は方向感が出しづらい展開が続き、値動きも小幅でした。前週末と比較すると終値ベースで7円あまりの値動きしかありませんでした。

続きを読む

今週の動きはどうなるでしょうか。相変わらず米国株は強い動きになっています。11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比13ドル36セント高の34,479ドル60セントで終えるなど、過去最高値(5月7日の34,777ドル)に迫る勢いです。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数も続伸、S&P500種株価指数は過去最高値を更新しています。日本株も週初から連れ高になることが期待されます。

ただ気になるのは、米連邦準備理事会(FRB)がそろそろテーパリング(量的緩和の縮小)に動くのではないかということです。

15、16日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されており、テーパリングに向けた議論が始まることも考えられます。また、それまでにFRB高官などからコメントなどが出ると、相場が振られる可能性があるので注意が必要です。

一方で、今回のFOMCでは量的緩和は据え置きになるという見方もあります。そうしたこともあって、投資家の間では週初は様子見傾向になることも考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。