2021年上半期の金運【麻羽たんぽぽの12星座占い】より良く生きるヒント

金脈はどこに?お金を引き寄せる行動のしかた

コロナ禍の2020年が終わり、2021年はどうなるのか?多くの方が気になるところかと思います。占いでは、2020年12月後半に時代の節目を迎えたと言われています。木星と土星が水瓶座で重なる現象、グレートコンジャンクションは20年に一度の節目であり、およそ200年の節目でもありました。

2021年は、この木星と土星が主に水瓶座を運行します。そのため社会全体の雰囲気として、現行の世の中を鑑みながらの、個の尊重、フェアなあり方、未来志向などのキーワードが、話題になってきそうです。一方で2020年にコロナ禍で会えないことから得難くなっていた共感や一体感について、テーマになる時期もありそうです。

では、これらの現象は、個人へどのように影響するでしょうか。2021年をより良く生きるヒントを、12星座別にご紹介しましょう。

2021年上半期あなたの金運(12星座)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
麻羽たんぽぽ

和ハーブと森の占い師/(株)森と紙ひこうき代表取締役/(一社)はこねのもりコンソーシアムジャパン理事

Webサービス系の企業で10年間、Webサービス企画に携わったのち、占いを学び、占い館等に出演。さらに西洋占星術の関連からハーブに興味を持ち、ハーブを学ぶ。「生活を楽しみ、こころ豊かに暮らすこと」をテーマに、3つの癒し「占い・ハーブ・森林」を研究し実践している。
和ハーブコーディネーター、占い師(西洋占星術、タロット)、ハーバルセラピスト、森林セラピスト、産業カウンセラー。
ラジオ番組「麻羽たんぽぽの 占いでわくわくワーキング」エフエム熱海湯河原(79.6MHz)にて放送中(第1・3月曜日14時)
著書:和ハーブタロット